今後のソフトピア地区とIAMASのあり方を考える 「i.Labo(アイラボ)」がスタートします!

 

記者発表

 県及びIAMASでは平成24年から、ものづくりの原点から文化の創造まで、広い視野で地域のコミュニティと共に考え・作る活動「IAMAS Labo(イアマスラボ)」を推進しています。 「IAMAS Labo」は、IAMASの学外公開活動と位置付けており、一般県民も参画することのできる複数の「Labo群」を立ち上げることとしています。
 このたび、この「Labo群」の一環として、IAMASと地域社会(ソフトピア地区)を結びつけ、活性化を促す枠組みを検討する「i.Labo(アイラボ)」を4月20日(金)に開催することとなりました。

 IAMAS教授、ソフトピアジャパン入居企業、その他有識者及び一般参加者によるディスカッションから、どのようなソフトピア地区将来像が生まれるのかご期待ください。

□関連リンク情報産業課からのお知らせ・募集(平成24年度)