「第3回f.Labo公開ミーティング ―インターネット時代の新しい著作権ルールについて考える―」を開催します
~ITとものづくりの交流拠点「f.Labo(エフラボ)」イベント~<PR>

 

記者発表

 2012年2月にソフトピアジャパン ドリーム・コアにオープンしたf.Labo(エフラボ)では、個人やベンチャー企業などが、レーザーカッター等の工作機器を活用して、様々な製品の試作開発に取り組んでいます。
この取り組みの一環として、f.Laboの交流を促進させる「f.Labo公開ミーティング」を毎月1回開催しています。「f.Labo公開ミーティング」では、製品、サービス、FabLab(ファブラボ)(※1)など、ものづくりに関わるゲストのプレゼンテーションやf.Laboに関係した話題や活動の予定を紹介します。
 第3回f.Labo公開ミーティングでは、インターネット時代の新しい著作権ルールの普及を目指して活動を続けているNPO法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(※2)理事のドミニク・チェン氏をゲストに迎え、著作権やクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(※3)の考え方や、アートやデザイン分野等のさまざまな事例についてお話しいただきます。また、こうした新しいライセンスをf.Laboでの制作物に適用することで考えられる可能性や課題について、IAMASでの今までの取り組みを紹介しつつディスカッションをおこないます。

【記者発表日】:平成24年6月22日(金)
【インターネット掲載日】:平成24年6月23日(土)
【担当】:事業連携課 太田 秀昭
【連絡先】:0584-77-1166
 
□添付資料
記者発表資料 (PDF形式845KB)
チラシ (PDF形式802KB)
f.Laboについてはこちらをご覧ください。