「太陽の光で動くロボットを作ろう」を開催します
~「2012年度IAMAS産業文化研究センター分室」ワークショップ~<PR>

 

記者発表

 情報科学芸術大学院大学(通称IAMAS)産業文化研究センター分室では、IAMASの情報発信と、企業や地域とIAMASとの連携促進を図るため、情報交換会・勉強会などの開催や、IAMAS教員・学生の研究成果・作品を紹介する展示企画など様々な取り組みを行っています。
 この取り組みの一環、またMake:OgakiMeeting2012(※1)のプレイベントとして、夏休みに親子で参加することができるワークショップ「太陽の光で動くロボットを作ろう」を開催します。IAMASの卒業生であり、移動型ミュージアム「MOBIUM」の代表を務める河村 陽介(かわむら  ようすけ)氏を講師に招き、簡単な工作、および電子工作を体験することができます。
定員を超える参加申し込みがあったことから、できるだけ多数の方に参加していただけるよう回数を2回にして実施します。子供たちが工作に熱中している様子や夏休みの親子のふれあいについて、たくさんの方に知っていただきたく、今回取材のご案内申し上げます。

【記者発表日】:平成24年8月3日(金)
【インターネット掲載日】:平成24年8月4日(土)
【担当】:事業連携課 太田 秀昭
【連絡先】:0584-77-1188
□添付資料
記者発表資料 (PDF形式196KB)
参考資料 (PDF形式260KB)