「第5回f.Labo 公開ミーティング
-東日本大震災後に始まった3つのプロジェクトから、ものづくりの新しい可能性を考える-」を開催します ~IT とものづくりの交流拠点「f.Labo(エフラボ)」イベント~<PR>

 

記者発表

 IT とものづくりの交流拠点であるf.Labo では、f.Labo をハブとした交流を促進させる「公開ミーティング」を毎月1回開催しています。「公開ミーティング」では、製品、サービス、Fablab(ファブラボ)(※1) など、ものづくりに関わるゲストのプレゼンテーションやf.Labo に関係した話題や活動を紹介しています。 第5回f.Labo 公開ミーティングでは、東日本大震災後に短期間でスマートフォン用の放射線センサー「ポケットガイガー」を開発、製造、販売し、世界からも注目を集めているRadiation-Watch.org、宮城県石巻市の復興にさまざまな角度から取り組んでいる一般社団法人ISHINOMAKI2.0と石巻工房からゲストを迎えて開催します。今回は8月25日から開催されるMake:Ogaki Meeting2012の前日にプレイベントと位置づけて公開ミーティングは開催されます。全国各地からの「Maker」(作り手)も交え、現在の日本が抱えるさまざまな問題と、ものづくりの可能性についてディスカッションします。

【記者発表日】:平成24年8月21日(火)
【インターネット掲載日】:平成24年8月22日(水)
【担当】:事業連携課 太田 秀昭
【連絡先】:0584-77-1188
 
□添付資料
記者発表資料 (PDF形式96KB)