Home > ソフトピアジャパンについて

ソフトピアジャパンについて

公益財団法人ソフトピアジャパンの役割

IT関連企業の集積や優れた情報基盤を生かして、地域産業の高度化を担う人材を育成・供給し、ソフトピアジャパンエリアを「ITビジネスネットワーク拠点」、「中部のIT拠点」として発展させます。
ITによる生産性向上や商品の競争力向上を目指した産業の情報化と、これを支える情報サービス業の振興を通じ、県内産業の活性化を図ります。

softopiajapan

公益財団法人ソフトピアジャパンの概要

理事長 熊坂 賢次
役員 役員名簿(PDF)
所管官庁 岐阜県
設立 平成6年3月31日(平成25年4月1日公益財団法人ソフトピアジャパンへ移行)
所在地 岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7
基本財産 500万円
ディスクロージャー
(PDF)
定款 / 役員及び評議員の報酬等並びに費用に関する規程
[平成29年度]
事業計画 / 収支予算
[平成28年度]
事業計画 / 収支予算
[平成27年度]
事業計画 / 収支予算
事業報告 / 貸借対照表正味財産増減計算書 / 財産目録
[平成26年度]
事業計画 / 収支予算
事業報告 / 貸借対照表正味財産増減計算書 / 財産目録
[平成25年度]
事業計画 / 収支予算
事業報告 / 貸借対照表正味財産増減計算書 / 財産目録
[平成24年度]
事業報告 / 貸借対照表正味財産増減計算書 / 財産目録

ソフトピアジャパンプロジェクト

ソフトピアジャパンプロジェクトとは、高度情報化社会の到来を予測し、情報産業を育成、振興、集積する中核拠点「ソフトピアジャパン」、高度IT人材育成の拠点「IAMAS(イアマス:情報科学芸術大学院大学)」の2つの拠点を活用して、産業、教育、福祉等あらゆる分野が情報化された「暮らしよい岐阜県」の実現を目指した岐阜県の地域情報化推進政策です。

沿革

1988年3月 「岐阜県ソフトピアジャパン構想」策定
1994年3月 「財団法人ソフトピアジャパン」設立
1996年4月 「岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)」開学
1996年6月 「ソフトピアジャパン センタービル」オープン
1998年2月 「アネックス/大垣市情報工房」オープン
2000年8月 「ソフトピアジャパン ドリーム・コア」オープン
2001年4月 「情報科学芸術大学院大学(IAMAS)」開学
2002年5月 「ソフトピアジャパン ワークショップ24」オープン
2006年4月 指定管理者制度導入
2013年4月 「公益財団法人ソフトピアジャパン」へ移行
2014年4月 「情報科学芸術大学院大学(IAMAS)」ソフトピアジャパンエリアへ移転