企業立地環境(詳細)

日本のほぼ中央部に位置し、日本の人口重心の地でもある岐阜県は、高速道路網や鉄道網の発展により全国各地へのアクセスに優れています。中でもソフトピジャパンが立地する岐阜県大垣市は、古くから東西交通の要衝とされ、国内物流の動脈である東海道新幹線、名神高速道路が横断し、最寄駅、インターチェンジは至近というビジネスに最適な立地条件を備えています。2005年にアジアのハブ空港「中部国際空港」が開港し、アジアが、そして世界がぐっと近づきました。

ソフトピアジャパンエリアのビジネス環境

【ネットワークインフラ】

ソフトピアジャパンには様々なネットワークインフラが集中する拠点となってお り、企業はこれらのインフラを活用して様々なサービスを利用・提供することが できます。
詳しくはネットワークインフラのページをご覧ください

【企業集積・ファシリティー】

ソフトピアジャパンエリアは、情報・通信産業をリードする大規模企業から、 創業間もないベンチャー企業まで、多くのIT関連企業やコンテンツビジネスが 一大集積地を形成しています。
企業への分譲地の他、入居施設・サポート施設等4棟の公的建築物があり、最適なファシリティーを用意し、IT企業をサポートしています。
詳しくは企業集積・ファシリティーのページをご覧ください

【住環境】

〜快適な暮らしの中でITビジネスを手がけることが出来ます〜
詳しくは住環境のページをご覧ください

【人材】

・地域IT企業向け研修開催(全国マルチメディア専門研修センター)
・進出企業にあわせた雇用の確保(雇用直結型IT人材養成事業)
・高度な人材の輩出(IAMAS
詳しくは「人材育成」のページをご覧ください

【入居企業への支援策】

〜さまざまな支援でサポートします〜
ソフトピアジャパンでは、ビジネスサポートセンターを設置し、ベンチャー企業 の育成をはじめ、研究開発支援・技術支援など、進出企業の皆様にさまざま な支援を行っています。また、インキュベートマネージャーによるビジネスマッチング支援も行っています。
詳しくは「企業支援」のページをご覧ください