Home > 広報 > 広報アーカイブ > こわ・おもしろ玉手箱 > こわ・おもしろ玉手箱 第29話:「SEO 」

こわ・おもしろ玉手箱 第29話:「SEO 」

第29話: 「SEO 」

 ネットで何か知りたいことやほしい商品を探す時、皆さんはどのようにしていますか?

 ヤフーやグーグルなど検索サイトで探す人が一番多いという調査結果が出ています。この「ネット検索の結果」に、自らwebサイトをヒットさせるノウハウをSEO対策と呼んでいます。

 SEOとは「Search Engine optimization ~ 検索エンジン最適化」の略。SEO対策することで自分(自社)のホームページをより多くの人に見てもらえるようになるのです。

 では、検索サイトで上位にランクされるためのSEO対策とは、どのようなことがなされているのでしょうか。

 ヤフーやグーグルは、順位をどのように決めているのか公開していません。代表的な対応方法とされているものを紹介すると-タイトルにページの内容を的確に示すキーワードを入れて強調する-ある程度の情報量を持つページが複数ある-特定のテーマは同じページに記述する-などなど。

 多くの検索エンジンはロボットという機能を使って自動的にサイトを巡回しています。そのロボットが理解しやすいように複雑なページにしないこと、そして数多くの他サイト、とりわけ信頼できる公共のサイトからリンクしてもらうことが重要です。そのリンクに含まれる言葉もランキングに影響を与えるようです。

 でも、この対策だけでは安心出来ません。なぜなら、皆が同じようにすればランクは変動しないからです。ホームページに価値ある情報を日々更新し、どのページがどのようなキーワードから検索されているかなどを分析して対応することが必要になるのです。

 

 最近では情報を得るだけではなく、発信することが普通になってきています。自分(自社)のホームページを多くの人に見てもらうためには、SEO対策をし、検索サイトの上位に表示される工夫を凝らすことが非常に重要なのです。

(太田秀昭・ソフトピアジャパン人材育成室長)
平成19年12月18日 中日新聞「しんぶん@ネット」掲載

(注:作者の役職は当時のものです)

戻る