Home > 広報 > イベント一覧 > データビジュアライゼーション研究会

データビジュアライゼーション研究会

概要

公益財団法人ソフトピアジャパンは、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)産業文化研究センター(RCIC)と共催で、「データビジュアライゼーション研究会」を開催します。
ビジネスや一般の生活で情報視覚化の有用性を知る機会の提供と、実践的な手法を学ぶ機会を提供し、データの視覚化手法について、最新の開発手法や、視覚化を活用したビジネスでの利用事例を紹介し、ワークショップでは、実際に視覚化のプログラミングに取り組みます。皆様の参加をお待ちしております。

開催案内

日 時 ■平成25年8月30日(金) 18:00~21:00 セミナー、パネルディスカッション
    ■平成25年8月31日(土)~9月1日(日) 9:30~16:30 ワークショップ
場 所 ソフトピアジャパン ドリーム・コア2F メッセ他
(岐阜県大垣市今宿6-52-16)

対 象

データビジュアライゼーションに興味のある方

参加料

無料

内 容

セミナー          8月30日(金) 18:00~20:00
・「Webをつかったデータ分析とビジュアライズ
講師:ソフトウェアエンジニア、長岡造形大学 非常勤講師、
   武蔵野美術大学通信教育課程造形専門科目デザイン情報学科
   非常勤講師   山田 興生 氏
   【概要】データの分析や視覚化というと、私たちは、企業や組織の難しいものと考えがちです。
       しかし実際は、だれでもWebを通じて多様な素材を集めることができ、それらを組み合
       わせることによって興味深いデータを作り出すことも可能です。今回はそのような、
       Webから集めたありふれた素材からデータを作り出し、それらを視覚化する試みについて
       紹介します。

・「Hiveで分かるデータ分析
講師:ソフトウェアエンジニア             芝尾 幸一郎 氏
   【概要】世の中ではデータアナリストやビックデータと言う言葉が流行しています。
       しかし、一方で彼らが何をやっているか知っている人は少ないです。データ分析と言うと、
       とかく魔法や何かのように感じるか、自分とは関係ない無関係な物に思えます。しかし、
       たとえばソーシャルゲームのような業界では、データ分析は使われ始めています。ゲーム
       業界でのデータ分析例を元に、流行に流されないデータ分析の本当の所を紹介します。

・「Processingを使った、データビジュアライズの基本ステップ
講師:Alliance Port, LLC・デザイナー、クリエイティブ・ディレクター
   山辺 真幸 氏
   【概要】政府や自治体、あるいは企業が積極的にデータを公開し、公共的に、特にインターネットを
       通じて、活用できるようにしようという「オープンデータ」の取り組みが活発化しつつあり
       ます。近い将来、さらにオープンデータの取り組みが進めば、それらを2次利用して行う研究
       や表現活動の幅は飛躍的に広がるでしょう。
       現在利用可能な国内のオープンデータや、2次利用の事例、Processingによる作例なども
       含めて紹介します。

パネルディスカッション   8月30日(金) 20:00~21:00
パネラー:上記3講師
モデレーター:情報科学芸術大学院大学 [IAMAS]
情報支援専門職        星 卓哉

ワークショップ       8月31日(土)~9月1日(日) 9:30~16:30
※ 3会場に分かれて以下の開発環境で実習します。(2日間とも参加が必要です
Ⅰ. “D3.js
講師:ソフトウェアエンジニア、長岡造形大学 非常勤講師、
   武蔵野美術大学通信教育課程造形専門科目デザイン情報学科
   非常勤講師    山田 興生 氏
[参加に必要な前提知識]
JavaScriptの知識があることが望ましい(関数の定義、呼び出し)。
[内容]
“D3.js”を使ってデータを視覚化する手法について学びます。
D3(Data-Driven Documents)はデータビジュアライゼーションに特化したJavaScriptライブラリで、
必要な処理を直感的に記述できる特徴を持っています。今回はWeb上のデータを使ってそれぞれのレベルに
合わせて試作し、最終日にプレゼンしてもらうことを予定しています。

Ⅱ. “Processing
講師:Alliance Port, LLC・デザイナー、クリエイティブ・ディレクター
   山辺 真幸 氏
[参加に必要な前提知識]
http://processing.org/tutorials/ をひと通り理解していること。
(初歩的なレクチャーは行ないません)
[内容]
オープンデータポータル「LinkDATA」のデータや、実際の公共機関のデータを利用して、データの視覚化
を行います。データの調査、アイデアスケッチ、データの取得から視覚化のプログラムまで一連の流れを
体験します。作業環境はProcessingを利用します。
Processingの基本的な操作、基本的なプログラミングは問題ない方が対象となります。

Ⅲ. “Hive
講師:ソフトウェアエンジニア             芝尾 幸一郎 氏
[参加に必要な前提知識]
SQLを少しでも書いたことがあること。
[内容]
世の中ビックデータって騒がれているが、なんか難しいと思っている貴方にお手軽にビックデータなるもの
に触ってみようと言うワークショップです。先般、公開されたニコニコ動画のコメント情報や動画情報を
web上でさくっと分析して見ちゃいましょう。Hiveと言うデータ分析のツールを使って、色々分析してみち
ゃいます。たとえば、もっとも多くの人から感動の拍手をもらった動画はどれかとか?上手く行けば今まで
見たこと無い動画に出会えるかも・・・。といったことを体験できたり、もう少し難しいことをやったりす
るワークショップです。

※ ワークショップの最初に、どの開発環境で実習するかを決めます。
※ できるだけ、ご自分のパソコン(mac,windows)を持ち込んでご参加ください。
(お持ち込みでない場合はこちらで準備します)

定 員

セミナー:40名(先着順)、ワークショップ:3コース合計20名(先着順)

申込み

方法:FAX または 電子メール にて、下記申込み先まで必要事項を添えて、お申込みください。
※ 8月28日締切、定員になり次第締め切ります。

申込用テキスト

宛先:E-mail:workshop2013″at”softopia.or.jp (※”at”を@に変えて送信してください) 又は FAX 0584-77-1107

-------------------------------
データビジュアライゼーション研究会
参加セミナー*1: セミナー・パネルディスカッション 平成25年8月30日(金)
ワークショップ          平成25年8月31日(土)~9月1日(日)
参加者の氏名:
企業・団体名:
所属・役職:
所在地:〒
TEL:
FAX:
E-mail(必須):
パソコン持ち込み:  有  無
職種*2:01営業 02製造・製作 03接客・案内 04SE/プログラマー 05企画 06広報・宣伝 07事務
08公務員 09販売 10デザイン 11技術開発 12専門職 13技師・技術職 14総務・人事
15経理・財務 16調査・分析 17学生 18その他(    )
-------------------------------
*1 参加を希望されるイベントを残し、その他は削除してください。
*2 該当される項目を残し、その他は削除してください。

その他

申込確認メールをお送りいたしますので、プリントアウトして当日ご持参ください。
また、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

問い合わせ先

公益財団法人ソフトピアジャパン 事業連携課 新サービス創出担当
住所:〒503-8569 大垣市加賀野4-1-7
TEL:0584-77-1188 FAX:0584-77-1107
E-mail:workshop2013″at”softopia.or.jp (※“at”を@に変えて送信してください)

講師紹介

山辺 真幸 氏  alliance Port, LLC・デザイナー、クリエイティブ・ディレクター
masaki-yamabe
法政大学工学部、IAMAS 岐阜県立国際情報科学芸術アカデミーデザインコース卒。
株式会社永原康史事務所を経て、合同会社アライアンス・ポートを設立。
継続して公共性の高い数々のサイトのウェブディレクション、コンサルテーション、
CMS構築を手がけている。プログラミングや電子デバイスを使った表現活動も行っている。
2007年から2011年まで東京藝術大学にてProcessingをつかった「ビジュアルプログラミング」他を担当、
2008年より多摩美術大学情報デザイン学科にて「情報デザイン基礎概論」「プログラミング応用」
「PBLものづくりの未来」等を担当。
プログラミング初心者を対象としたProcessingをつかった情報視覚化の書籍を執筆中。

山田 興生 氏  ソフトウェアエンジニア、長岡造形大学 非常勤講師、
武蔵野美術大学通信教育課程造形専門科目デザイン情報学科 非常勤講師
kouki-yamada
2006年情報科学芸術大学院大学修了。
国際メディア研究財団研究員を経て、2012からフリーランスのソフトウェアエンジニアとして活動。
主に自然言語処理やデータ視覚化などのプロジェクトに関わる。

芝尾 幸一郎 氏 ソフトウェアエンジニア
shibacow3
2004年情報科学芸術大学院大学修了。
ネットワークゲーム会社、CGM会社でソフト開発に従事。
データを如何に効率よく制御するかに血道を上げている。

【個人情報の取り扱いについて】
公益財団法人ソフトピアジャパンは、個人情報保護の重要性を認識し、個人を特定できる情報の取り扱いに関しまして、その重要性を十分認識したうえで、外部への不正流出、紛失、改ざんが無いよう、個人情報保護の推進、徹底に努めております。申込みを受けることで収集する個人情報は、このセミナーの開催業務、及び当財団からの電子メールによる情報提供、各種セミナー開催等のご案内配送業務においてのみ使用します。