Home > 企業支援 > 関係支援団体との共同事業

関係支援団体との共同事業

ソフトピアジャパンでは、集積するベンチャー企業への多角的なサポートを展開し、企業の育成を行っております。その活動をさらに充実させ、より充実した支援体制を確立するため、県内の様々な支援機関等との連携を図ることで 進出企業様の幅広いニーズにお答えできる努力をしています。

ぎふIT・ものづくり協議会

岐阜県内外の異業種企業が会員となり、ソフトピアジャパン、テクノプラザと関係の深い企業団体です。産学官の連携強化と会員企業の更なる経営革新、経営体質の強化を図ることを目的としています。年間を通して経営情報化のための各種セミナー、講演会を実施しています。ソフトピアジャパン、アネックス・テクノ2で行われる「IT研修」や「CAD/CAM研修」を受講した会員企業へは受講料の一部助成も行っています。

SJ情場クラブ

ソフトピアジャパン進出企業とソフトピアジャパンの取り組みに賛同いただける企業や個人が会員となり、自主的に運営されている交流クラブです。会員間の情報交流、技術交流を深めるため、「ビジネスミーティング」を開催するほか、夏には進出企業の若手社員を中心に
「ソフトピアジャパン夏祭り実行委員会」を結成し、野外コンサート、各種アトラクションほか出店を企画。周辺の方々を交えての交流も行っています。

公益財団法人 岐阜県産業経済振興センター モノづくりセンター

経営面、技術面の専門スタッフをセンターに配置して、国、県の中小企業支援の情報を1カ所にとりまとめ、ワンストップで提供します。
企業の皆様の個々のニーズに合わせたきめ細かい相談に応じ、経営革新を目指す企業には、民間専門家を派遣して適切な診断・助言をいたします。

NOBUNAGA21

株式会社十六銀行、監査法人トーマツ、野村証券株式会社により運営されるベンチャー支援機関です。優れたビジネスプランを持つベンチャー企業と有力企業を結びつけ、新たな産業を輩出することを目的としています。センタービル1Fにナビオフィスを設置し、ビジネス評価、資金調達、コンサルティングなど幅広い支援を展開しています。

OKB創業・ベンチャーサポートデスク

大垣共立銀行内に開設されたこのセンターでは、共立総合研究所、共立キャピタル等の関連会社と連携を図りつつ、アドバイザー機関として活動しています。公的支援組織、大学、証券取引所、サポート機関としての監査法人、証券会社、商社、弁理士、弁護士などと連携を深め、協働し、ベンチャー企業の要望に対して専門的で幅広い支援が可能となっています。