2019.07.24 ― 2019.08.29
募集終了
産業高度化
【製造業向け】AI活用ワーキングのご案内
製品の検品作業の省人化を行いたい企業を募集します!

参加企業が持ち寄った画像データをもとに、AIの効果を検証します

検品業務の省人化に興味をお持ちの企業さまを対象とした「AI活用ワーキング」への参加企業を募集します!AIワーキングでは、不良品の検出をテーマに、AIベンダーの協力のもとで実際に収取した画像データを用いて、 AIシステムを構築しその効果を検証します。

【こんな方にお勧め!】
① 自社の検品作業の省人化を行いたい
② 省人化を実現するためにはどうすれば良いか知りたい
③ AIでどれくらい業務効率化できるかを知りたい
④ どこまで業務にAIが活用できるか知りたい
⑤ AIに興味はあるが技術者や分かる者がいない。
日時
2019.07.24 (水) ― 08.29(木)
場所
ソフトピアジャパン ドリーム・コア3階 研修室 もしくは参加企業先
岐阜県大垣市今宿6-52-16
参加費
無料
対象
岐阜県内に主たる事業所を有する製造業の皆様、製品の検品作業の省人化を行いたい企業様
内容
■ 1日目(7月24日)
・ AI入門:AIに関する基本的な知識やAI活用のステップについて学習します
・ ターゲットと収集データ:課題の明確化とAI活用イメージ、収集すべきデータについて検討します

■ データ収集
参加企業で実際の画像データの収集を行っていただきます。

■ 2日目(8月28日)
・学習と評価:参加企業からデータを持ち寄り、AIベンダーが用意したシステムでAIによる学習を行いその結果を評価します
・システム連携:構築したAIを業務の中で使用できるように、業務フローとして組込みを検討する

■ 3日目(8月29日)
成果発表:ワーキングの活動結果を成果発表会で発表していただきます。

(日程は変更になる可能性があります)


【参加条件】
・AIに関する知識は必要ありません。
・自らデータの収集を行って頂きます。データの収集方法やデータ量に つきましては、ご指導いたします。
・ワーキングに参加される方の途中変更はお受けできません。
・ワーキングの活動結果につきましては、成果報告会での発表の他、AI活用事例として公表させていただきますのでご了承いただきます。
・データ収集方法のアドバイス等を目的に、ワーキングメンバーが、実際の現場を拝見する場合があります。

【定員】
 4社程度(先着順)
 ※定員に達しました

【お申込み】
 上記活動内容を確認の上、ページ下部の問合せ先へ直接お申込みください。
講師
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 

ソニーグループの技術・製品・サービスを組み合わせることで、ソニーならではのIoT事業、その他新規事業にチャレンジしている企業です。
ソニーグループでは、より革新的なサービスを生み出すため、既に多くの製品でディープラーニング技術を用い、音声対話エンジンやデータ解析に活用しています。
主催
主催公益財団法人ソフトピアジャパン
共催岐阜県IoTコンソーシアム
問い合わせ先
部署IoT推進室
TEL0584-77-1166
FAX0584-77-1105
E-mailiotpro"at"softopia.or.jp※ "at"を@に換えて送信してください。