2021.10.30
募集中
新サービス
アーバンデータチャレンジ 2021 in 岐阜 勉強会

アーバンデータチャレンジ 2021 in 岐阜 勉強会

市民協働(シビックテック)によるプロジェクト形式で課題解決を目指し、アーバンデータチャレンジ 2021 in 岐阜の第二弾として「勉強会」をオンラインで開催します。
“伝統産業 × IT”をテーマに、伝統産業の課題を市民協働(シビックテック)によるプロジェクト形式で解決します。岐阜の伝統産業である「美濃焼」について、キックオフを経てあがってきた課題を中心に、井澤コーポレーション 井澤秀哉様をお迎えして現状の理解を高めます。また、CODE for GIFU 横井武志氏より、「データからまちを分析してみよう」も解説いただきます。

初めての参加でも大歓迎です。是非ご参加ください。

※後日、12月11日(土)報告会等を開催予定です。

アーバンデータチャレンジ
日時
2021.10.30 (土) 13:00 〜 17:00
場所
オンライン開催(zoom) ※URLは後日参加者へ連絡します。
参加費
無料
対象
・市民協働(シビックテック)による課題解決に興味のある方
・オープンデータの利活用に興味のある企業の方、市民の方、学生など
・オープンデータ事業に興味のある自治体・行政職員
定員
20名(先着順)
内容
13:00開会
13:10キックオフの振り返り
13:30講演1 セラミックバレー美濃構想-取り組みを実現するための課題-
     株式会社井澤コーポレーシション
      代表取締役社長 井澤 秀哉 氏 
14:00休憩
14:10講演2 「データからまちを分析してみよう」
     CODE for GIFU
      副代表 横井武志氏
16:10アクションを考える(ペアブレスト)
17:00記念撮影・閉会
※ プログラム内容は変更になる可能性があります
※ 終了後の懇親会はございません。

 

◆応募申込◆

 

講師
井澤いざわ秀哉ひでや
株式会社井澤コーポレーション 代表取締役社長

1968年生まれ。多治見市出身。
創業1900年の陶磁器産地商社の4代目
1995年に先代の事業とは別に新規事業として生活雑貨部門を立ち上げ日本全国の小売店舗との直接取引を開始し現在に至る。
2005年に陶磁器を中心とするデザイン企画会社有限会 社アートホームデザインを設立。
昨年にセラミックバレー美濃構想を企画し東濃地区全域の地域ブランディングにも取り組んでいる。
横井よこい武志たけし
CODE for GIFU 副代表

1976年生まれ。多治見市出身。
大学卒業後、国土交通省の外郭団体等にて中越地震被災地の復興支援、地域住民が運行するバスプロジェクト、都市・農村交流事業などに携わる。現在、岐阜市内の建設コンサルタント会社の都市計画部署に所属
主催
主催岐阜県、公益財団法人ソフトピアジャパン、Code for Gifu
共催アーバンデータチャレンジ2021実行委員会
問い合わせ先
部署DX推進課 新サービス創出支援室
TEL0584-77-1166
FAX0584-77-1105
E-mailservice@softopia.or.jp