2021.03.18
募集中
新サービス
【ワークショップ】あたらしい経営のためのジョブ理論
クリステンセン教授のフレームワークを事業・製品開発に活用

潜在的ニーズを発見し、破壊的イノベーターになる

イノベーション研究者で経営学者のクリステンセン教授は「ジョブ理論」を提唱し、顧客の状況を「ジョブ」(=片づけたいコト)に注目することで理解するフレームワークを、自身のコンサルティングファーム・イノサイト社で実践を通じて体系化。
イノサイト社のパートナーであるINDEE Japanはこれを日本向けに「JOBSメソッド」としてアレンジ、用事・目的・障害・解決法の4つの要素から体系的に問いを積み重ね、解決すべき課題を導き出すことで、新たなビジネスチャンスを発見します。
日時
2021.03.18 (木) 10:00 〜 18:00
場所
ソフトピアジャパン ドリーム・コア2階 メッセ
岐阜県大垣市今宿6-52-16
参加費
無料
資料
ジョブ理論(pdf形式:427.3 KB)
対象
経営戦略を考えたい事業者の方     
企画・商品開発などに従事する方
マーケティング担当の方
研究開発・技術部門の方

※本講座はグループワークを伴うワークショップ形式です。
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止にご理解いただき、感染リスク対応へのご協力をお願い申し上げます。
※ワークショップの効果を高めるため、事前にグループ分けを行い、準備のご連絡をします。
 参加できなくなった場合は必ずキャンセルのご連絡をお願いいたします。
定員
20名
内容
3月18日[木] (9:30開場)
10:00 - 18:00 1.[講義] ジョブ理論の解説
2.[講義] 消費メカニズムの分析
3.[演習] JOBSメソッド
4.[演習] 将来予想
5.[演習] 顧客の課題の把握
6.[演習] 身近なサービスの再定義
7.[演習] ジョブの評価と絞り込み
8.[講義] まとめ・振り返り

新型コロナウイルス感染症の感染拡大によりリアルでの開催が行われなくなった場合、中止となります。

<参考図書>
ジョブ理論―イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム

講 師
山田やまだ竜也たつや
INDEE Japan 取締役 トレーニングディレクター

電気通信大学機械制御工学専攻修士。 電通国際情報サービスを経て、iTiDコンサルティング創業メンバーとして米国技術コンサル会社との様々なプロジェクトに参画。技術が分かるファシリテーターとして業務プロセス・意識改革を含めた組織変革コンサルティングを手掛ける。事業ビジョン構築、チーム運営力強化、等のコンサルティング、イノベーション人材の育成プログラムを中心とした各種セミナーを行っている。
MIT Sloan Executive MOT。日本ファシリテーション協会所属。IAF認定 Certified Professional Facilitator。
主催
主催公益財団法人ソフトピアジャパン
後援岐阜商工会議所連合会
問い合わせ先
部署新サービス創出支援室
TEL0584(77)1188
FAX0584(77)1107
E-mailseminar"at"softopia.or.jp ※"at"を@に換えて送信してください
申込み
下記の情報を入力して「参加申し込み」をクリックしてください。
※送信ボタンを押された時点で、公益財団法人ソフトピアジャパンのプライバシーポリシーに同意されたものとします。

 (代表者を含む参加人数をご記入ください。)

 (部署が代表者と異なる場合「氏名/部署名」のようにご記入ください。)